男女

火葬場を併設している桐ヶ谷斎場|多くの人が利用する理由とは

特別な風習は少ない

数珠と香典

気をつけるべき細かな点

お葬式の形態は、地方によってその特色があり、正式な場でもあるため知らなかったでは済まされないこともあります。ここでは、門真市についてのお葬式について見ていきましょう。門真市は大阪でも東北に位置する市です。面積は約12キロ平方メートルと比較的小さく、また大型幹線道路や高速道路が市を貫くように走っています。また、日本でもトップクラスの電機メーカーが拠点を置く市でもあります。そういったメーカーの工場が多いことからも、人口は隣接する他市に比べて多くはなく、葬儀場の数も比較的少なめで、門真市内で約20の式場を有しています。門真市のお葬式で特筆すべき特徴は、主に大阪の文化に準拠するものと考えて良いでしょう。他県においては告別式の前に火葬を行ったりという特殊性を有する地域もありますが、大阪においては一般的なお通夜、告別式を経て火葬という手順になります。また、参列時の服装は一般常識的なブラックで良いでしょう。ご焼香などの方法においても、その宗派どおりで構いません。注意すべき要素は水引の色です。大阪では香典に使用される水引の色は「黄色」と「黒色」のものを用います。門真市でもこれに準拠しているため、注意しましょう。また、お葬式時に親族等へ提供する料理を自身で用意する場合は、厚揚げ等や高野豆腐などの食材は、三角に切るという風習があります。自宅葬が減った現代では、料理を用意する機会は少ないかもしれませんが、準備が必要なケースでは注意しましよう。