男女

火葬場を併設している桐ヶ谷斎場|多くの人が利用する理由とは

式までの流れとして

線香

故人とのお別れを

初めてお葬式を取り仕切ることになった方にとって、東成区でどのように葬式を進めていけばいいのか迷ってしまうでしょう。故人が自宅で亡くなったときは警察の指示に従えばいいので、まずは連絡して検視を受ける必要があります。一方で病院で死亡が確認されたときは、医師が死亡診断書を発行してくれるので、それをもとに葬儀業者に連絡することができます。大阪市内にはいくつもの葬儀業者が存在していますが、なかでも東成区はサービスの質の高い業者が数多くいます。そのため、この地域の業者に頼むことで様々な面でサポートしてくれるでしょう。業者に依頼するメリットの一つが遺体を安置する専用のスペースを設けている点です。これは自宅に安置するスペースが取れない方にとっては、安心できるサービスと言えます。また自宅で故人を迎えたいという方のサポートも、東成区の業者は行っています。その際は寝具や枕飾り、仏具などが必要になり、神棚封じを行うことになるのですが、これも業者がアドバイスしてくれるでしょう。遺体の設置が完了したら、仏式で行うのかキリスト教式で行うのか決めることが大切です。その後、お坊さんや牧師さんを自宅まで呼び、喪主と宗教者、葬儀業者で葬式をどのように進めていくか話し合いを設けるのです。そこでは葬儀場の場所や日程などの重要事項を決めます。これが決まったら、故人の関係者に葬式を東成区で開催することをお知らせします。ここまで流れが決まれば、あとは葬儀業者の指示に従えばいいので、安心して葬式を任せるといいでしょう。